口コミ評価最悪!東京文字クラブの面接に行ってきた。

副業

今回、面接に行ってきたのは、「東京文字クラブ」です。

バイトルで見つけました。

バイトルに掲載されている求人広告のキャプチャを下に貼り付けます。

バイトルの求人広告には書かれていませんが、84円切手を貼った返信用封筒を持ってくるよう言われます。

採用結果が、その封筒に入れられて送られてくるそうです。今、令和だよ!?

今時珍しい昭和な会社

場所は渋谷の雑居ビル。

玄関に入ると、大河ドラマの「篤姫」のポスターが。どうやら「篤姫」の脚本の文字起こしの仕事をやったようです。

室内は、ザ・昭和という感じで、靴を脱いで上がりました。すでに他の求職者の方が1名いらっしゃっていました。

おそらく、このビル自体が、オフィス用ではなく、住居用なのだとおもいます。

返信用封筒にて結果が送られてくるというところに、昭和のにおいを感じていたので、まあ、納得です。

応募用紙の記入~テストまで

最初に、アンケートのような応募用紙を記入させられました。

この応募用紙なのですが、なぜだか家族の年齢や職業を書く欄や、住居区分をチェックする欄がありました。これって在宅ワークに必要な情報なのですか?

家族の欄は全て空欄で提出しましたが、特に何も言われませんでした。

筆記テスト

人によって順番は異なるのですが、私は筆記テストからスタートしました。

筆記テストの内容は、漢字の読み書き、専門用語・記号の説明、手書きの文章を清書する等でした。

手書きの文章ははっきり言って読めません。

実技テスト

実技テストは、原稿用紙に手書きで書かれた原稿を、ワードに打ち込みます。

こちらは筆記テストの手書きの文章に比べると、だいぶ読みやすかったです。

Twitterの投稿を読まされる。

テストが終わり、面接が始まるまでの間、東京文字クラブのTwitterの投稿を読んで待っているように指示されました。

指示通り読んでいると、ある投稿が目につきました。

トレーニングの説明?

研修のことかしら?研修の説明だったら、絶対にしないといけないですよね。

何だか怪しい雰囲気を感じました。

面接開始

面接は2人一緒に行われました。

仕事内容の説明と、一日に何時間くらい仕事ができるのか等、ありきたりな質問を一通りされました。

そして・・・

「委員ちょさんはここで終わりです。もうお帰りいただいて構いません」

と私だけ終了を告げられました。

「落ちたな」と瞬間的に思いました。

先ほどのTwitterの投稿に戻る

帰り道で、ふと、例のTwitterの投稿を思い出しました。

「条例により求人媒体で応募の方には当日トレーニングの説明は勧誘になる為に制限されています。」と書かれています。

私はバイトル(求人媒体)からの応募、残った方は、新聞の折り込みチラシ(直接応募)からの応募だったのです。

そうすると、私を先に帰らせたのは、私の前ではできない話(トレーニングの説明)をするためだったのではないかと考えつきました。

トレーニングとは何ぞや?

まずは、ネットで拾ってきた東京文字クラブの口コミをご覧ください。

東京文字クラブの口コミ

「東京文字クラブ」で検索をかけてみると・・・出るわ出るわw悪い評判が。

リンクを貼りますので、興味のある方は覗いてみてください。

在宅ワーク、東京文字クラブ、注意です! | makimaki-gさんのブログ
新聞に挟まっている広告に、在宅の、データ入力や文字起こしの仕事として、渋谷にある「東京文字クラブ」という所が載っていて、そこに電話をしました。すると、とにかく「ハガキを送るので住所を教えてください」と
東京文字クラブ評判と口コミ
主婦・女性のための出版系日本語文字入力の在宅ワーク「東京文字クラブ」の評判や口コミを掲載しています。新規口コミ投稿も随時募集中です。

簡単に言うと、不採用通知が来たけど、トレーニングを受ければ将来的には仕事ができるかも。でもトレーニングの受講料として10万円ちょーだい。です。

これって、昭和の時代からある内職詐欺の手口ですよね・・・

ここから先に書いてあることには、私の推測が含まれております。

バイトルの求人広告には、「費用負担は一切ございません」と書いてあります。

TMcapitalのように、初っ端から金銭を要求するような、思いっきりアウトなやり方ではなく、最初の面接のときには、金銭の話は一切せず、後日不採用通知を送ることで、一旦この件を終了させる。(求人媒体とはこの時点で関係がなくなる)そして、求職者の方から再度直接応募させるように仕向け、金銭が必要とされるトレーニングの話をする・・・このワンクッション挟んだやり方が何ともいやらしい。

このやり口に関しては、初めて知った方法なので、消費者センターに聞いてみようかと思います。

コメント

  1. にこぼれ より:

    このブログに出会ってから面接に行きたかった……。
    不採用ではなく「実務スキルが不足です」という手紙が届き、
    電話連絡をしたら1回90分のトレーニング全40回を勧められました。

    • iintyo より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      結局は、スクールに人を集めるのが目的の広告だったと見て間違いないようですね。
      高いスキルをお持ちの方を必要としているのなら、最初から広告に「経験者のみ」と書けばいいだけのこと。
      求人サイト等から応募されたのであれば、サイトに通報フォームがあるかと思いますので、そちらから通報していただければと思います。

  2. ぬけ子 より:

    東京文字クラブは完全に詐欺です。3年前に面接に行き、その後封書で不合格ではなくスキル不足と。連絡をして会社へ再び行くと、トレーニングするのに10万、その後さらに10万。払うのは厳しいと言うと、今なら割引しますと言われ払い、その後また10万。トータルで30万くらい払いました。払った私もバカですが、結局、仕事は最初だけ。振り込みも催促してやっと。そんな会社です。気をつけましょう。

    • iintyo より:

      コメントありがとうございます。
      この会社に関しては、酷い!許せない!というより、セコくて呆れてしまいます。
      ギリギリグレーに留まれるように、上手く逃げ道を作って、逃げ回っているのでしょう。
      数少ないとはいえ、仕事をさせて、報酬も支払っているので、一応義務は果たしている風を装っています。
      これがあの会社の狙いですよ。本当にセコいです。

  3. オサコユキ より:

    口コミを拝見させて頂き助かりました。

    返信メールで切手返信用同封がおかしい

    やはり此はは詐欺又は勧誘かと思いました。

    東京文字クラブは駄目ですネ
    口コミが有って助かりました。
    有り難うございました。

    • iintyo より:

      コメントありがとうございます。
      お役に立ててよかったです。
      消費者センターに相談した時、返信用封筒のことを話したら、大爆笑されました。「しっかりしている会社ですね」って。

タイトルとURLをコピーしました