祝・全額返済記念!抗弁書を使う人は知っておいて欲しい、私の抗弁書失敗談

コラム

※今回の記事は、あくまで私の体験談です。当てはまらない方もいらっしゃると思います。不安な方は、カード会社に確認してみてください。

悪質アフィリエイト業者のコンサル料を、先日、完済いたしました!

実は、昨年の秋頃、この返済に関して絶望的な状況にあり、憂鬱な日々を送っていました。これは抗弁書を、言われるがまま安易に出してしまったことが原因です。

私のように、詐欺に引っかかった方は、手元に現金がなく、カードで支払ったという方が多いと思われます。

そういう方々が消費者センターまたは弁護士に相談すると、抗弁書を出すように言われます。

そこで、抗弁書を出すときに気を付けるべき点を、私の失敗談からお伝えしたいと思います。

抗弁書とは?

抗弁書というのは、早い話が、カード会社からの月々の引き落としを止めてもらうための書類です。

これから詐欺師と交渉を始めるという段階で提出します。

いわゆるインチキな商材や詐欺コンサルに大金を支払ってしまった方は、おそらく支払いを止めてもらえると思います。

「支払い止めてもらえるの?ラッキー!」と考えがちですが、これは、ただ単に支払いが止まるだけであって、債務は消滅しません。そして、交渉が難航してなかなか進展しない場合であっても、一定期間が経過すると、引き落としが再開します。

また、全額返金されなかったからといって、残りの支払いが全て免除されたり、すでに支払ってしまった分を返金してもらえるわけではありません。

本当に支払いが止まるだけです。しかも、気を付けないととんでもない落とし穴にはまります。

カードの有効期限に注意せよ

これから抗弁書を提出する予定の方、そして、現在、交渉中の方、カードの有効期限をチェックしてみてください。

カードの有効期限が、決着がつく前に切れそう・・・という方、要注意です。

直ちに、カード会社に、カードの有効期限が切れたらどうなるのかを聞いてみてください。

実は私は、交渉中にカードの有効期限が切れてしまいました。

するとどういうことが起こったのか・・・詐欺師から返金があった後、カード会社から残額を一括請求されたのです!

私の場合は、全額返済されなかったので、不足分を自分で補い、支払わなければなりませんでした。

有効期限内であれば、また分割なりリボ払いができたのですが、有効期限が過ぎてしまったらもうダメだと・・・

ちなみに、このことは消費者センターもカード会社も誰も教えてくれません。

返金があってから、いきなり消費者センターから、「カード会社が一括請求するって言っていますよ!」と言われました。

抗弁書を提出する前にこのことを知っていたら、ちゃんと事前にカード会社に相談していたでしょう。

ですので、現在抗弁書を出して、詐欺師と交渉している方々は十分ご注意ください。

いくら詐欺の被害者とはいえ、カード会社は一切、同情してくれません!

カードの有効期限が切れてしまった方へ

もうすでにカードの有効期限が切れてしまっている方は、どういう結果が出てもいいように、1円も返金されなかった場合も想定し、今のうちにお金を用意しておくことをお勧めいたします。というか、やらないといけません。

私は厳禁を作るために、本・CDからパソコンまで駿河屋に持っていき、現金化しました。

駿河屋がなかったら、かなり危なかったです。本当にどうもありがとう。駿河屋は買取価格が高いので、毎日のように買取をしてもらいました。

お売りください。駿河屋です。

あと足りない分は、短期バイトで稼ぎました。



ちなみに、私は、期日までに全額返済は間に合わなかったので、2か月間の猶予をもらいました。ただし、この2か月間のうちに全額返済ができなかった場合は、ブラックリスト行きのようです・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました